ハタチノカラダ

サラリーマンになって10年が経った頃、ストレスと睡眠不足で身体は痩せ細り、毛根が死滅して頭髪は前線から撤退し、持病の腰痛は爆発し、右手は腱鞘炎で箸も持てない惨状・・・。自分の身体はどうなってしまうのか?過去の運動自慢は虚しく響くだけ。このままではアカンと危機感を持ち、今ここにいる自分を鍛えようとジョギングを始めたのが2013年夏。2016年は京都マラソンでサブ4を達成し、珠洲トライアスロン(Bタイプ)を完走しました!そんなアラ4のオッサンが20歳の身体を目指して、面白おかしく頑張るブログです。

スイーツ時々ランチ

gram錦店の限定20食「プレミアムパンケーキ」

2/5(金)にオープンしたてのgram錦店にプレミアムパンケーキを食べに行ってきた。 場所は四条烏丸にある大丸百貨店の北側。錦通りにある「大戸屋(おおとや)」という青い定食屋の隣の2階にある「gram」。 今回のお目当ては、ただのパンケーキではなく、分厚…

オッサンが作る「ミニチョコクロ」で珈琲タイム

先週の「ストロベリーチーズケーキアイス」に続いて、今週もスイーツづくりに挑戦。 前回は、生クリームを部屋中にぶちまけるなど、ちょっとレベルが高かったけれど、今回はもう少し簡単そうなものを選んでみた。 挑戦するのは、小さなチョコ入りのクロワッ…

暖冬のスイーツは「ストロベリーチーズケーキアイス」で決まり!

普段は料理など一切しないし出来ないけれど、ふと辿り着いた「Delish Kitchen」というホームページの紹介動画が「あまりに簡単そう」で「あまりに美味しそう」だったので、週末の午後に作ってみた。 作るのはアイスなので、先週のような大寒波なら舌が凍傷に…

山科駅前でビーフボールの「ローストビーフ丼」を食す!

山科駅前に仕事に出かけ、同僚のおススメで入ったランチのお店は、山科駅から徒歩2分の「ビーフボール」というお店。 旧三条通沿いに綺麗なお店があるので分かりやすい。 店内はカウンター、テーブル、座敷を合わせて20席くらいあって、清潔感もある。 メニ…

豚捨というスゴイ名前の精肉店のランチ

松坂牛はトップブランドだけれど、松坂牛というのは昔はなかったらしく、三重県の和牛は「伊賀牛」と「伊勢牛」だったらしい。 その伊勢牛の最上級を扱うお店に、伊勢神宮を参拝した後にランチしに行ってきた。 最初の疑問は、店名に「豚」がつくのに「牛」…

赤福の「まるごとみかん大福」を頬張ると?

伊勢神宮へのお参りは、伊勢市駅に荷物を預け、外宮to内宮の順にまわり、またバスで外宮に戻るルート。 その時に目についたのが、赤福外宮前特設店の「まるごとみかん大福」という和菓子好きには「たまらない」幟(のぼり)。 同行のみんなで「お参りが済ん…

俵屋吉富「おさる」

お正月限定のお菓子を頂いた。『俵屋吉富』の「おさる」。お目出度い「おさる」は、めちゃくちゃ可愛らしい。 食べるのがかわいそうなくらい。 でも食べる。 白餡のおまんじゅうは大好きだ。 味は「ひよこまんじゅう」を上品に、さらに美味しくした感じ。こ…

ヨックモックお正月仕様

子どもの頃からヨックモックのシガールが最高級で世界一美味しいお菓子だと思っている。最近は季節ごとに外側の包装袋が素敵にデザインされたものが売っている。ヨックモックは値段が高いので普段使いのお菓子ではなく、イベント時のお菓子なんだけれど、こ…

京都限定「バトンドール栗」

ポッキーの高級品を『バトンドール』という。高級なだけあって、スーパーやコンビニでは売っていない。 売っているのは主要都市の百貨店。 京都では2015年4月から高島屋で買えるようになった。 平日の夕方、仕事帰りに立ち寄ると残りい少ないけれど売ってい…

「クレーム デラ クレーム」の京野菜シュークリーム

京野菜を使った風変わりなシュークリームを紹介したい。先日の「天神さんお参りジョグ」の帰りに立ち寄ったのは、烏丸丸太町にある『クレーム デラ クレーム』というお店。 吹き抜けの開放的な店内は、1階がケーキ屋さんとガラス張りの調理室で、2階がカフ…

千鳥屋宗家の「みたらし小餅」

友人に買ってもらった『千鳥屋宗家のみたらし小餅』を紹介したい。京都で「みたらし」と言えば「みたらし団子」で、串に刺さった団子にトローっとした甘い蜜がかかっているのだが、「みたらし小餅」は見た目がお餅。 この可愛らしいお持ちの中に蜜が詰まって…

毎月1日は朔日餅(12月 雪餅)

『11月のゑびす餅』に続く、12月の「朔日餅』は「雪餅」。 「朔日餅」と書いて「ついたちもち」と読む、毎月1日に伊勢の赤福が販売する特別なお団子である。12月の伊勢千代紙の包装紙は、「火の用心」の千社札の模様。 寒くなって暖房を使う季節、乾燥もして…

うどんの国で4食制覇

「香川県」といえば、「讃岐うどん」とイコール。友人が旅行に行く度に羨ましがっていたら、連れて行ってくれた。 しかも、これまでに友人が何回も行った上でのおススメばかりなので、ハズレが無いのが嬉しい。1食目、「宮川製麺所」 朝8時過ぎだというの…

ワールド茶団子ランキング(2015年11月版)

大好きな茶団子を食べ比べて勝手ランキングを作っている。今回は、友人から教えてもらった「中村菓舗」の茶団子にチャレンジ。串には刺さっていないが、鮮やかな鶯色で見た目良し。 食感は、めちゃくちゃ柔らかい。 ランキングで1番の柔らかさ。そして、甘い…

今井食堂の「さば煮定食」

これを食べずして上賀茂神社を語れない。と言うくらい、上手い「さば煮」だ。鯖の骨は大きくて「きつい」けれど、ホロホロに崩れて食べられる。 ヒレも然り。 味付けは濃厚なのに、しょっぱくない。 ご飯と味噌汁が、ガツガツと減っていく。 こんなに上手い…

毎月1日は朔日餅(11月 ゑびす餅)

『10月の栗餅』に続く、11月の「朔日餅』は「ゑびす餅」。 「朔日餅」と書いて「ついたちもち」と読む、毎月1日に伊勢の赤福が販売する特別なお団子である。11月の伊勢千代紙の包装紙は、豊作を喜ぶ米俵の模様。 そして、ゑびす餅は商売繁盛の神様「ゑびす様…

第2回伏見ラーメンVSうどんスタンプラリー(纏)

「纏」と書いて「まとい」と読む、こだわりを感じるおうどん屋さん。纏(まとい)とは、江戸時代の町火消の旗印のこと。 僕はこのお店に行く度に、暴れん坊将軍の北島三郎を思い出してたいたりする。お店の場所は、京阪墨染駅から徒歩3分。 最近までは「梅村…

第2回伏見ラーメンVSうどんスタンプラリー(陽はまた昇る)

この建物に入るのは約20年ぶり。 近鉄伏見駅前で営業していた「陽はまた昇る」は京阪伏見稲荷駅前に移転した。 どこの場所だろうと思ったら、師団街道に面した元「餃子の王将」。改装された店内は白くて綺麗で気持ちい。 高校生のころ、ここの王将には土日…

第2回伏見ラーメンVSうどんスタンプラリー(8軒目)

「第2回伏見ラーメンVSうどんスタンプラリー」の8軒目、きらりへ。中書島の駅前、いつも店外に客が並んでいる。 少し時間をずらして、13時に着くも10人くらいの行列。 炎天下の中、直射日光を浴びて並ぶのは禿には辛い。 店外、店内ともdocomoWiFiをキャッチ…

毎月1日は朔日餅(10月 栗餅)

『9月の萩の餅』に続く、10月の『朔日餅』は「栗餅」。 『朔日餅』と書いて「ついたちもち」と読む、毎月1日に伊勢の赤福が販売する特別なお団子である。10月の伊勢千代紙の包装紙は、栗の収穫の模様。 旧暦の9月9日(現在の10月)は「重陽の節句」といっ…

第2回伏見ラーメンVSうどんスタンプラリー(7軒目)

「第2回伏見ラーメンVSうどんスタンプラリー」の7軒目、福来たるへ近鉄伏見駅の駅前ガード下。 スタンプラリーの中で最も広いお店。 店の置くには座敷もあり、ファミリー層も多い。 「ほろよいセット」があったり一品料理が充実していたりで、酒飲みにも嬉し…

梅蘭やきそば

大阪で何を食べるか、そんな話題で同僚に教えてもらったのが『梅蘭やきそば』。梅蘭は横浜中華街が本店の本格中華料理店。 全国展開で出店を出しているらしい。 梅田のロードバイク専門大型店まで「ヘルメットかぶりまくりの旅」に出た時のランチ。 見た目は…

かっぺに「カヌレ」を教えてやる(その2)

「カヌレ」という若者のお菓子をご存知だろうか?知らない田舎っぺに、僕が「カヌレ」を教えてやる。 カヌレとは、おフランス発祥の洋菓子で、外側はカリッと、中はふわふわモッチリと、洋酒を効かせた大人のお菓子である。 どうも「カヌレ型」という型に入…

ワールド茶団子ランキング(2015年9月版)

大好きな茶団子を食べ比べて勝手ランキングを作っている。『京都やましろスイーツパスポート』に載っていた「宇治川餅本店」の茶団子(抹茶)と茶団子(ほうじ茶)を買ってきた。最初に場所がよくわからなくて、立ち寄った観光案内所で10本入り540円が売って…

第2回伏見ラーメンVSうどんスタンプラリー(6軒目)

『第2回伏見ラーメンVSうどんスタンプラリー』の6軒目、けんどん屋へ。ここのお店は、昨年に第1回をまわった時の「うどん麺モチモチ」ランキング第1位。 手打ちのうどんが最高に美味しい。 今回は温かい天麩羅うどんを注文。やはり、麺がキチキチしていて美…

焼肉という食べ物

昨日は職場の飲み会。 夏からの仕事がひと段落、秋からの仕事が始まる区切り。場所は珍しく焼肉屋。 焼肉屋に行くのは何年ぶりだろうと少し楽しみにしながら行ったのだが・・・。結果、オッサンの胃袋には焼肉一人前はとても受け付けない。 野菜→塩で味付け…

お腰につけた吉備団子

岡山のお土産、吉備団子。五味太郎氏のイラストが愛らしい。 味はどれも同じ。 甘くて柔らかくて素朴なお餅。 実はお皿も揃え。食べると元気になるお餅。 いざ鬼退治。

第2回伏見ラーメンVSうどんスタンプラリー(5軒目)

『第2回伏見ラーメンVSうどんスタンプラリー』の5軒目、大河へ。店内はカウンターが6席くらい、テーブルが12席くらい。 それでも、常に満席。 今回は、「大河盛うどん」というネーミングの天麩羅うどんを注文。胃腸が元気なら、塩で食べる天麩羅を肴に日…

第2回伏見ラーメンVSうどんスタンプラリー(4軒目)

『第2回伏見ラーメンVSうどんスタンプラリー』の3軒目、浅右衛門へ。浅右衛門は19時までの営業なので、サラリーマンには厳しい。 お店は、我が町、伏見のメインストリート「大手筋」からすぐ近く。18時半に入店したので、揚げ物系のうどんはできませんとの…

第2回伏見ラーメンVSうどんスタンプラリー(3軒目)

『第2回伏見ラーメンVSうどんスタンプラリー』の3軒目、ラーメンたぬき屋へ。昨年の第1回には参加していなかったお店なのでワクワクしながら入店。 店内はカウンターのみ、約10席。 メインメニューの「中華そば」は魚介だしのあっさり系みたいだが、15食…

ヨックモックの東京ハニーシュガー

ヨックモックといえば、シガールだ。そんなヨックモックが出している東京限定販売のお菓子が『東京ハニーシュガー』。 売っているのは、東京駅、東京銘品館南口店、東京銘品館中央店の3店舗。(と、オンラインショップ)包装のハニーも可愛いけれど、お菓子…

毎月1日は朔日餅(9月 萩の餅)

『8月の八朔粟餅』に続く、9月の『朔日餅』は「萩の餅」。 『朔日餅』と書いて「ついたちもち」と読む、毎月1日に伊勢の赤福が販売する特別なお団子である。9月の伊勢千代紙の包装紙は、扇に稲穂の模様。 収穫の秋にはお萩を作って祝うらしい。 草かんむりに…

第2回伏見ラーメンVSうどんスタンプラリー(2軒目)

『第2回伏見ラーメンVSうどんスタンプラリー』の2件目に久々に突撃。胃腸の調子がましなので、2件目はこってりラーメンの「頑固麺」。 藤森駅から徒歩5分。 この辺りは、うどん屋の「大河」やつけ麺の『山勝麺三』が近い。昼の営業は14時まで。少し並んでラ…

イカの塩辛ぱん

癖の強いイカの塩辛とパンのコラボレーション。そんなお店があれば、いやがおうにも人だかりができる。 そのお店は、輪島の朝市にある。 炎天下の中、友人達とぶらついていて発見。早速、友人達とじゃんけんで買う人を決める。 昼食前なので1個をシェアで十…

能登丼を食す(レストラン浜中)

『能登丼』という食べ物がある。 それは、能登で獲れた食材を盛った丼のことである。 能登といえば海鮮を連想するけれど、実は能登牛という牛肉も丼に多い。道の駅桜峠で能登丼のパンフレットを入手して、珠洲市内の能登丼を食すために友人達と相談会。 自慢…

ユーハイムの白桃チーズケーキ

先日のプリンに続いての『ユーハイム』。今度は、夏らしい白桃のチーズケーキを購入。真ん中はゼリー、そして桃の果肉、白いのは生クリームで、生地はチーズケーキ。 底と側がタルトになっていて、クッキーも美味しい。胃は、まだどんよりと重たいけれど、デ…

ユーハイムのプリン

ささやかな贅沢を買いに高島屋の地下へ。スッキリしない胃痛にも優しいスイーツを求めて辿り着いたのはユーハイムのプリン。 コンビニのプッチンプリンもあれはあれで美味しいけれど、本物は別物。 クリームが濃厚で、カラメルソースがホロ苦くて絶妙。それ…

日本一たい焼き

大上段に構えたネーミング、しかし、美味い。国道9号線、福知山市の野花交差点の東側、この看板は目立つ。 このお店、『日本一たい焼き』という、そのまんまの店名のたい焼き屋で、全国28店舗展開らしい。 いつ行っても、駐車場はそこそこ埋まっていて、夏の…

ワールドあゆランキング

夏の京都の代表的な和菓子といえば「あゆ」だ。この「あゆ」を大量捕獲ならぬ大量購入してランキングをつけようという、友人の面白いご提案。 京都駅のお土産屋、伊勢丹で7匹の鮎をゲット。 どれも1匹200円くらい。 食卓で泳ぐ姿は珍風景。包装も色々、顔を…

第2回伏見ラーメンVSうどんスタンプラリー(1軒目)

待ちに待ったご当地イベントがスタート。その名も『第2回伏見ラーメンVSうどんスタンプラリー』。第1回は昨年の夏。 地元にも、こんなにも美味しいうどん屋があるのかとワクワクしながら回った。 それも2周。第2回の今年は、ラーメン屋が2件増えて12件の…

毎月1日は朔日餅(8月 八朔粟餅)

『7月の竹流し』に続く、8月の『朔日餅』は「八朔粟餅」。 『朔日餅』と書いて「ついたちもち」と読む、毎月1日に伊勢の赤福が販売する特別なお団子である。8月の伊勢千代紙の包装紙は、五穀豊穣を願った稲穂の模様。八朔(はっさく)とは旧暦の8月1日のこと…

石部屋の「あべかわ餅」

冬に食べる「きな粉をまぶした餅」が子どもの頃から大好きだ。 そのお餅を「あべかわ餅」というが、子どもの頃からそう読んでいたので名前の由来なんて考えたことも無かった。静岡には安倍川という川が流れていて、その川のほとりに『石部屋(せきべや)』と…

グランカルビの夏、日本の夏

グランカルビ2015春夏バージョンを頂いた。外装は秋冬バージョンと変わらない。(と思う)中は?秋冬は「分厚いポテチ風」だったけれど、春夏は「マクドのポテト風」。相変わらず、味が濃くて、上手い。 こんなに上手いのに、こんなにチョビッとしかはいって…

かっぺに「カヌレ」を教えてやる。

「カヌレ」という若者のお菓子をご存知だろうか?知らない田舎っぺに、僕が「カヌレ」を教えてやる。 カヌレとは、おフランス発祥の洋菓子で、外側はカリッと、中はふわふわモッチリと、洋酒を効かせた大人のお菓子である。 どうも「カヌレ型」という型に入…

毎月1日は朔日餅(7月 竹流し)

6月の麦手餅に続く、7月の朔日餅は「竹流し」。 「朔日餅」と書いて「ついたちもち」と読む、毎月1日に伊勢の赤福が販売する特別なお菓子である。7月の伊勢千代紙の包装紙は、笹舟。竹筒の中には水羊羹が入っている。 昔は、夏祭りの縁日の定番だったらしい…

仙太郎の若鮎

夏が近づけば、夏らしいお菓子が食べたくなる。 とは言っても、アイスや氷菓子では風情がない。今回のお勧めは、『仙太郎』の若鮎。涼しげで愛らしい顔立ち。 顔を齧られたアンパンマンを思い出しながら、鮎の頭を齧る。 中には求肥(ぎゅうひ)という透明な…

一番搾りプレミアム 旨し

プシュッッッと景気のよい音に心が湧き立つ。プルタブを開けると軽快な音。頂き物の『一番搾りプレミアム』。 ・極上の一番搾り麦汁と特別な素材で作った一番搾り。 ・秋田県大雄産ホップ「かいこがね」の第一等品を贅沢に使用。 だそうだ。呑んだ感想 ・金…

八ヶ岳ファーマーズチーズケーキ

お土産にいただいた『八ヶ岳ファーマーズチーズケーキ』。甲斐の国は関東からの客さんが多く、こ洒落たお店が多いらしい。 箱はセンス良し。チーズケーキもチョコもMAX濃厚。 京都では『ガトードミエル』のチーズケーキに近い。味は他にイチゴやブルーベーリ…

銀座メロンは美味い!

東京土産、最高得点をたたき出したのは『銀座メロン』。職場の方から頂いた『銀座メロン』を冷蔵庫で冷やして食す。 包装の包み紙の封を切るだけで、メロンの香りがフワッと。フォークで割ってみると、メロンクリームが登場。味は、瑞々しいメロンをクリーム…

ワールド茶団子ランキング(2015年6月版)

大好きな茶団子の美味しいお店を探している。宇治茶の名産は、我が家から約10km。 ジョギングがてら宇治に通いだしたのが始まり。 有名どころ、気になる処の茶団子は一通り食べた。先日のビワイチマラソンで立ち寄った『鮎屋の郷』で茶団子を見つけたので、…