読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハタチノカラダ

サラリーマンになって10年が経った頃、ストレスと睡眠不足で身体は痩せ細り、毛根が死滅して頭髪は前線から撤退し、持病の腰痛は爆発し、右手は腱鞘炎で箸も持てない惨状・・・。自分の身体はどうなってしまうのか?過去の運動自慢は虚しく響くだけ。このままではアカンと危機感を持ち、今ここにいる自分を鍛えようとジョギングを始めたのが2013年夏。2016年は京都マラソンでサブ4を達成し、珠洲トライアスロン(Bタイプ)を完走しました!そんなアラ4のオッサンが20歳の身体を目指して、面白おかしく頑張るブログです。

建築を通してみる日本らしさ「JAPANESE IDENTITIES」

職場にいる建築士のオジサンに勧めてもらった「JAPANESE IDENTITIES」という本を読んでみました。タイトルは英語ですが、著者は日本人です。「ジャパニーズ アイデンティティ」という名前のとおり、日本文化について有名な建築物や綺麗な景色を通して日本語…

アラ4オジサンの読書感想文「言の葉の庭」

今回は「君の名は」で話題の新海誠の「言の葉の庭」という小説です。正直なところ、新海誠の本業はアニメクリエイターだと思っていたので、小説にそれほど期待していなかったのですが・・・それは良い意味で裏切られ、最後まで楽しんで読むことができました…

アラ4オジサンの読書感想文「博士の愛した数式」

「ぼくの記憶は80分しかもたない」そんな数学博士と、家政婦とその息子の物語です。電話番号、靴のサイズ、野球場の座席番号、江夏の背番号・・・などなど、ありとあらゆる数字が数学者以外の一般人には知らなかった「友愛数」や「完全数」などで解説されて…

アラ4オジサンの読書感想文「恋文の技術」

最近は通勤電車でスマホばっかりしていたので「脱スマホ半分宣言」をして、久しぶりに本を読み始めました。村上春樹の「ノルウェイの森」に続いて読んだのは、森見登美彦の「恋文の技術」です。森見登美彦は「太陽の塔」で衝撃を受けてから大好きになった作…

アラ4オジサンの読書感想文「ノルウェイの森」

先日、久しぶりに文庫本を何冊か買ったというブログを書きましたが、どれを読もうか悩んでいるうちに、ふと大学生の頃に読んだ村上春樹の「ノルウェイの森」が読みたくなったので、本棚から引っ張り出してきました。最近では、毎年のようにノーベル文学賞の…

「読書の秋」に読みたい文庫本を買ってきました!

久しぶりにAmazonで「ちゃんと字の書いた本」を買いました。最近はAmazonのお買い物と言えば、もっぱらプロテイン、スポーツ用品、電化製品、雑誌ばかりだったのですがwww 本を買った理由は2つありまして・・・ 1つ目は、文章を書いていてボキャブラリー不…

「ひと皿の小説案内」という写真集の楽しみ方

新聞で紹介されていた「ひと皿の小説案内」という本を読んでみました。この本には「主人公たちが食べた50の食事」という副題が付いていて、有名な小説の主人公たちが食べていた食事を再現した写真とともに解説文を載せるという新しいスタイルの構成です。 例…

3級ばっかり持ってます。

体力の衰えを感じてからというもの、ハタチの頃の身体を取り戻すべくトレーニングを続けている。体中のアッチコッチが痛いイタイと言いながら。一方で、脳みその方もたまには刺激を入れて活性化が必要ではないかと思って2年に1回くらいの割合で短期集中で…

キンチョウ広告 繋いでみた

『先日に紹介した』6月6日の禁鳥の新聞広告。散りばめられた「蚊」を1から繋いでいくと・・・。アイデアも面白いが、最後までネタバレしないように「て」→「っ」→「買」の順番に出来上がっていく工夫に関心。 禁鳥の夏、日本の夏。

キンチョウ広告で久しぶりに点線つなぎ

去る6月6日の新聞朝刊の広告。キンチョウの広告に目が留まった。 枠の中に憎き「蚊」がいっぱい。 よく見ると「飛んでいる蚊を数字の順につないでみましょう」とある。面白いので是非やっていただきたい。 IQ高めの方は脳内で。 呑んだくれのオッサンは6月6…

読む暇が無いけど読みたい定期購読

ブンガク青年だったのは遠い昔。 中毒のように活字を読み漁っていた時期があった。 中島らも、筒井康隆、辻仁成、宮本輝・・・新刊が出るのが楽しみだった。 初版をハードカバーで買って、本棚に並べるのが嬉しかった。 今では見る影も無く・・・読みたくな…