読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハタチノカラダ

サラリーマンになって10年が経った頃、ストレスと睡眠不足で身体は痩せ細り、毛根が死滅して頭髪は前線から撤退し、持病の腰痛は爆発し、右手は腱鞘炎で箸も持てない惨状・・・。自分の身体はどうなってしまうのか?過去の運動自慢は虚しく響くだけ。このままではアカンと危機感を持ち、今ここにいる自分を鍛えようとジョギングを始めたのが2013年夏。2016年は京都マラソンでサブ4を達成し、珠洲トライアスロン(Bタイプ)を完走しました!そんなアラ4のオッサンが20歳の身体を目指して、面白おかしく頑張るブログです。

暖冬のスイーツは「ストロベリーチーズケーキアイス」で決まり!

スイーツ時々ランチ

普段は料理など一切しないし出来ないけれど、ふと辿り着いた「Delish Kitchen」というホームページの紹介動画が「あまりに簡単そう」で「あまりに美味しそう」だったので、週末の午後に作ってみた。

作るのはアイスなので、先週のような大寒波なら舌が凍傷になるところだったけれど、今週は暖かい。

材料は、クッキー12枚、いちご15個、生クリーム400ml、グラニュー糖80g、クリームチーズ60g、いちごジャム80gの6つ。このうち、いちごジャムは自家製ジャムを実家から貰ったものがあったので、残りの材料は金曜日の夜にスーパーで買っておいた。

たっぷり食べたかったので分量は本家の倍の量を用意。

f:id:hatatinokarada:20160131093413j:plain

【mission1】

本家の説明:クッキー6枚を袋に入れ細かくします。

→ムーンライト12枚をジップロックに入れ、綿棒でたたきます。このとき「トントントントンヒノノニトン」と唱えると甘みが増します。

f:id:hatatinokarada:20160131093750j:plain

【mission2】

本家の説明:生クリームを泡立て、途中2回に分けてグラニュー糖を加えます。

→生クリームをボウルに入れて、バーミックスで泡立てます。要注意なのは、バーミックスは生クリームの中で回すこと。空中で回した状態で生クリームに突っ込んだら、部屋一面に生クリームが飛び散って大参事になりました。掃除が大変です。グラニュー糖を投入するタイミングは適当です。完全に混ざっていなくても大丈夫そうです。「角(つの)が立つ」までブイイイイインとやります。

f:id:hatatinokarada:20160131094257j:plain

【mission3】

本家の説明:クリームチーズ(角切り)、いちご(4つ切り)、いちごジャム、クッキーを加えます。

→包丁を持つのは10年ぶりくらいかな。危なっかしくて仕方ないけれど、頑張って斬ります。いちごの4つ切りは単調作業なので忍耐力が養われます。クリームチーズは冷蔵庫の温度だとくっついて角切りにするのが大変。少し冷凍庫で固めたほうがいいかも。でも、あとでざっくり混ぜるので、適当でもよさそう。僕もほとんど「団子」の状態で入れました。

f:id:hatatinokarada:20160131094832j:plain

f:id:hatatinokarada:20160131094840j:plain

f:id:hatatinokarada:20160131094852j:plain

【mission4】

本家の説明:よく混ぜたら、容器に入れて、4~5時間冷やします。

→取り分けるときに喧嘩にならないように、コップ的な容器に入れて冷やします。お酒を呑む前に洗い物を済ませます。待っている間、味が分からなくなるほどにお酒を呑み過ぎないように気を付けます。

f:id:hatatinokarada:20160131095107j:plain

【mission complete】

美味しく作るポイントは、「バーミックス」で生クリームを飛び散らせても、めげずに頑張ること。本家の倍の量で、約8人前のストロベリーチーズケーキアイスができました。

f:id:hatatinokarada:20160131100459j:plain

製作時間:約1時間(洗い物込み) 製作費用:約2000円

簡単に美味しくできたので、美味しそうなレシピを見つけたら、また挑戦するかも。

 

 

本家のホームページはこちら