読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハタチノカラダ

サラリーマンになって10年が経った頃、ストレスと睡眠不足で身体は痩せ細り、毛根が死滅して頭髪は前線から撤退し、持病の腰痛は爆発し、右手は腱鞘炎で箸も持てない惨状・・・。自分の身体はどうなってしまうのか?過去の運動自慢は虚しく響くだけ。このままではアカンと危機感を持ち、今ここにいる自分を鍛えようとジョギングを始めたのが2013年夏。2016年は京都マラソンでサブ4を達成し、珠洲トライアスロン(Bタイプ)を完走しました!そんなアラ4のオッサンが20歳の身体を目指して、面白おかしく頑張るブログです。

オッサンが作る「簡単タルト台」でタルト作りを極める!

「オッサンが作る」シリーズ、今回は「脱」Delish Kitchen。というのも、前回の「リンゴタルト」でタルトの美味しさに目覚めてしまい、せっかくなら「タルト台」も自分で焼こうと思ったから。

今回使うのは21cmのタルト型。そして、Google先生で、オッサンにも作れそうなレシピを見つけてきて、いざMyタルト台の製作。

材料は、無塩バター90g、塩ひとつまみ、グラニュー糖60g、卵黄1個分、薄力粉180g。

そのほかに、ふるい、クッキングシート、ラップ、棒が必要。

f:id:hatatinokarada:20160312113134j:image

【mission1】

シャカシャカする「ふるい」は持っていないので、ザル的な「ふるい」を揺すって薄力粉を細かくします。

f:id:hatatinokarada:20160312062212j:plain

「だま」はスプーンでつぶします。バターは冷蔵庫から出しておいて柔らかくしておきます。

f:id:hatatinokarada:20160312062241j:plain

【mission2】

 タルト型にマーガリンを薄く塗ります。バターナイフでは「らち」があかないので、思い切って指で塗ります。もちろん、ヌルヌルして気持ちいいです。薄力粉を少しだけ振りかけたら冷蔵庫に入れます。何だか「落ち着く」そうです。

f:id:hatatinokarada:20160312062333j:plain

【mission3】

ボウルでバターをクリーム状になるまで練ります。バターが固くて重労働です。冬場は気温が高くてバターが溶けないので辛いです。チンしたくなりますが、我慢して粘り強く混ぜます。やっぱり、「へら」よりスプーンの方が使いやすいです。前回の経験が活きています。

f:id:hatatinokarada:20160312062601j:plain

【mission4】

塩を加えて混ぜ、グラニュー糖を3回に分けて加え、白っぽくなるまで混ぜます。塩を入れるなら、わざわざ無塩バターを選ばなくてもいいんちゃう?と突っ込みたくなりますが、素敵女子は「諦め」と「包容力」が大事です。

f:id:hatatinokarada:20160312062629j:plain

混ざったら、卵黄を混ぜます。混ぜやすくなってきました。

f:id:hatatinokarada:20160312062710j:plain

残っている卵白はイッキ飲みします。お菓子作りする素敵女子は「卵白のイッキ飲み」が得意です。

f:id:hatatinokarada:20160312062734j:plain

【mission5】

薄力粉を加え、生地がボウルから離れてまとまってくるまで混ぜます。パサパサでまとまってくる気配がありません・・・。心配になって薄力粉の分量を再確認しますが大丈夫です。

f:id:hatatinokarada:20160312062814j:plain

上手くまとまらないので、手の平を使ってこねます。

f:id:hatatinokarada:20160312062922j:plain

はみでるくらい、ギューッと!

f:id:hatatinokarada:20160312062957j:plain

【mission6】

生地をジップロックに入れ、冷蔵庫で15分ほど寝かせます。ラップはmission8で生地を伸ばしやすいのように「これでもか!」というくらい大きく切っておきます。この15分の間に洗い物を済ませます。

f:id:hatatinokarada:20160312063023j:plain

【mission7】

15分経ったら、生地のコシを強くするため、ラップから生地を取り出し、一度、手でほぐし、また一つにまとめます。この時、プロテインを大さじ1杯ふりかけると、さらにコシが強くなります。

f:id:hatatinokarada:20160312063105j:plain

【mission8】

はさみで切り開いたジップロックの上で、生地をラップの上から棒で伸ばします。目安は、タルト型より一回り大きめ、厚さ3mmです。前回は、中心が分厚く、外側ばっかり薄くなった経験があるので、中心部分を丁寧に伸ばします。

f:id:hatatinokarada:20160312063203j:plain

【mission9】

生地をタルト型に被せて、底を手で押して隅まで生地を敷き込みます。ジップロックから剥がす時に千切れてしまいますが、型の上で整形できるので大丈夫です。形になってくると嬉しいです。mission11のためにオーブンを200℃で予熱します。

f:id:hatatinokarada:20160312063321j:plain

【mission10】

タルト型の上で棒を転がし、はみ出た生地を切り落とします。生地の薄い部分は、切り落とした生地を足して、厚さが均等になるようにします。余った生地はラップに包み、再び冷蔵庫でお昼寝タイムです。

f:id:hatatinokarada:20160312063523j:plain

【mission11】

200℃で予熱したオーブンで15分間焼きます。7分経過時点で、何箇所かパンパンに膨れ上がっているのを発見したので、フォークで突きました。焼く前からツンツンしておいた方が良さそうです。家の中がいい匂いでいっぱいです。

f:id:hatatinokarada:20160312063546j:plain

【mission complete】

初めてのDelish Kitchen以外のレシピへの挑戦。ハラハラしましたが、美味しそうに焼きあがりました。最高のタルトを作るため、冷めたらラップをして保管します。

製作時間:約3時間(クッキーを焼く時間も含む。) 製作費:約500円

なお、余った生地は、タルト台の焼き上がりを待っている間に、薄く伸ばして型抜きします。クッキングシートを切らしていたので、アルミホイルにマーガリンを塗って代用します。

f:id:hatatinokarada:20160312063801j:plain

180℃のオーブンで7分焼いてクッキーの出来上がりです。

f:id:hatatinokarada:20160312063903j:plain

さあ、出来上がったタルト台を使って、どんなタルトが出来上がるか、次回をお楽しみに!! 

f:id:hatatinokarada:20160312063927j:plain

パティシエール SV タルト型 波底取 21cm PP-719

パティシエール SV タルト型 波底取 21cm PP-719