読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハタチノカラダ

サラリーマンになって10年が経った頃、ストレスと睡眠不足で身体は痩せ細り、毛根が死滅して頭髪は前線から撤退し、持病の腰痛は爆発し、右手は腱鞘炎で箸も持てない惨状・・・。自分の身体はどうなってしまうのか?過去の運動自慢は虚しく響くだけ。このままではアカンと危機感を持ち、今ここにいる自分を鍛えようとジョギングを始めたのが2013年夏。2016年は京都マラソンでサブ4を達成し、珠洲トライアスロン(Bタイプ)を完走しました!そんなアラ4のオッサンが20歳の身体を目指して、面白おかしく頑張るブログです。

オッサンが作るフランス伝統菓子「ベリークラフティ」

スイーツ時々ランチ

「オッサンが作る」シリーズも記念すべき第6作目。インターネットで見つけた「食べたいスイーツ」の動画レシピを、これまで料理なんてしたことがないオッサンが休日に再現するシリーズ。

今回は、クリームチーズ入りのフランスの伝統菓子「ベリークラフティ」に挑戦。「ベリー」は、ストロベリー、ブルーベリー、クランベリーといった木の実。「クラフティ」はフランスの伝統菓子の名前。「なんちゃって女子」は知らないだろうけれど、スイーツ作りが得意な素敵女子に大人気。春が旬のイチゴを使うスイーツはこれで3作目。

材料は、

いちご1パック、サラダ油少々、クリームチーズ100g、砂糖大さじ5、卵2個、生クリーム200g、薄力粉大さじ5、ブルーベリー少々

「道具」は、キッチンペーパー、ふるい、泡立て器、グラタン皿

「盛り付け」には、粉砂糖があると素敵。

f:id:hatatinokarada:20160325065514j:plain

【mission1】

本家の説明:サラダ油をお皿に薄く敷き、カットしたいちごを並べる。

→いちごを洗い、へたを取って半分に切ります。いちごの扱いは3回目、手慣れたものです。

f:id:hatatinokarada:20160325065640j:plain

グラタン皿に少量のサラダ油を垂らしてキッチンペーパーで塗ります。本当はオーブン対応の「ココット皿」が必要でしたが僕の女子力が若干足りず、グラタン皿で代用します。サラダ油は思っているよりサラサラしていて一度にドバっと出るので慎重に垂らした方がいいです。分かりにくいですが左のお皿は少量ではないサラダ油でヒタヒタになってしまいました・・・

f:id:hatatinokarada:20160325070016j:plain

【mission2】

本家の説明:生地の材料を順番に加え、泡立て器などでよく混ぜる。

→クリームチーズに砂糖を加え、泡立て器で混ぜます。砂糖大さじ5は75gのことです。なんちゃってスイーツ女子はキッチンスケールで計りましょう。

f:id:hatatinokarada:20160327165617j:plain

クリームチーズが泡立て器の中に入り込んで、ろくに混ざりません。適当なところで諦めて卵2個を割ります。

f:id:hatatinokarada:20160327165719j:plain

混ぜても混ぜても、クリームチーズの「ダマ」がなくなりません。

f:id:hatatinokarada:20160327165806j:plain

生クリームを入れます。低脂肪の生クリームは本物の半分の値段で買えます。清楚なお姉さんが作るスイーツが美味しいに決まっているので、松尾依里佳になりきって泡立て器でシャカシャカします。いつもより、いい音色が聞こえます。

f:id:hatatinokarada:20160327170118j:plain

薄力粉大さじ5も75gです。「ふるい」でふるって混ぜます。

f:id:hatatinokarada:20160327170317j:plain

ここまでくると、クリームチーズのダマダマ感は気になりません。

f:id:hatatinokarada:20160327170339j:plain

【mission3】

本家の説明:mission2の生地をmission1の皿に流し込む。お好みでクランベリーを入れる。

→mission4のためにオーブンを180℃に予熱します。そして、半分にカットしたいちごを敷いたグラタン皿に生地を流し込みます。ボウルの中身をよく混ぜた直後に流さないと、上澄みは薄く、底は濃くなるので注意が必要です。生地の上にもいちごを並べ、隙間にブルーベリーも入れます。近所のスーパーは客層の女子力が低いのでクランベリーは売っていません。ブルーベリーを代用します。いちごとブルーベリーの配置が見た目を左右するので、シンメトリーと遊び心で女子力をプチアピールします。

f:id:hatatinokarada:20160327170834j:plain

紹介されていた分量でグラタン皿4枚分(ちょっと少なめ)でした。

f:id:hatatinokarada:20160327170929j:plain

【mission4】

本家の説明:180℃に予熱したオーブンで35分焼けば完成!

→グラタン皿は大きいので一度に焼けるのは2枚です。部屋中にクリームチーズといちごのいい匂いが広がります。待っている間に洗い物を頑張ります。

f:id:hatatinokarada:20160327171115j:plain

思ったよりもカリッと焼きあがりました。これで正解か分からないので、2回目は焼く時間を30分にしてみます。

f:id:hatatinokarada:20160327171233j:plain

自作の鍋敷きが喜んでいます。

【mission complete】

食べる直前に、前回の「あまおうタルト」で失敗していた粉砂糖をふりかけます。友人の奥様から「茶こし」を使うといいと聞いたので早速チャレンジです。その結果、大成功しました!前回、高い位置から振りかけないといけないと勘違いして、机中にばらまいた粉砂糖を返してほしいです。

f:id:hatatinokarada:20160327171831j:plain

いちごとブルーベリーの甘酸っぱさと、クリームチーズの味わいがフランスのリムーザン地方から春の風を連れてきます。

Bonjour  Strawberry est delicieux Suites.

なお、焼き時間を35分と30分に変えて食べ比べた結果、35分の方がコクが深くて美味しかったです。やはり分量と焼き時間は「レシピどうり」が一番です。

f:id:hatatinokarada:20160327172215j:plain

製作時間:約90分(オーブンの焼き時間を除く) 製作費:約1200円。

M.style Ceramica Bianca da Tavola スフレ 7.5cm 800-V48 6310-000013

M.style Ceramica Bianca da Tavola スフレ 7.5cm 800-V48 6310-000013

 

このココット皿を8個注文しました。ベリークラフティは、作るのも簡単で、めちゃくちゃ美味しかったので定番スイーツになりそうです!季節によって「ベリー」を「チェリー」や「リンゴ」に変えて作ってみようと思います。

※ココット皿を選ぶときは必ずオーブン対応のものを選んでください。見た目がお洒落でもオーブン非対応のものがあります。

【オッサンスイーツdeおしながき】

1ストロベリーチーズケーキアイス 2ミニチョコクロ 3りんご炊飯ケーキ 4リンゴタルト 5あまおうタルト 6ベリークラフティ

本家のホームページはコチラ