読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハタチノカラダ

サラリーマンになって10年が経った頃、ストレスと睡眠不足で身体は痩せ細り、毛根が死滅して頭髪は前線から撤退し、持病の腰痛は爆発し、右手は腱鞘炎で箸も持てない惨状・・・。自分の身体はどうなってしまうのか?過去の運動自慢は虚しく響くだけ。このままではアカンと危機感を持ち、今ここにいる自分を鍛えようとジョギングを始めたのが2013年夏。2016年は京都マラソンでサブ4を達成し、珠洲トライアスロン(Bタイプ)を完走しました!そんなアラ4のオッサンが20歳の身体を目指して、面白おかしく頑張るブログです。

アミノ酸スコアをマスターして筋肉増量だ!

故障しない身体づくりのために、運動直後はプロテインを飲んでいる。筋肉が増えると、運動能力が向上するのはモチロンのこと、弱い腱や関節を守るプロテクターになるほか、基礎代謝が上がって太りにくく痩せやすい身体になるので、いいことづくし!ただし、筋肥大のためのトレーニングは素敵女子にはNG。足や腕が太くなるので「それ系」のオッサンしか寄って来なくなるので注意!

一日の食事では、プロテインの他にホットミルク、豆乳、卵などの「高たんぱく」を食べるようにしている。ジョギングを始めた2年半前から順調に増えいていた体重は、ここ半年くらい足踏み状態で増えていない。そこで、「たんぱく質」について、ちょっと詳しく調べてみた。

たんぱく質は、筋肉や血液や骨の元になる栄養素。さらに、たんぱく質は細菌やウイルスから身体を守る抗体を作るので、風邪を引きにくくなるらしい。たんぱく質と言っても、実は20種類くらいあって、人間の体内で作り出せるのは11種類。残りの9種類は食事で摂らなければならない。そして、たんぱく質を構成するのがアミノ酸で、食事で摂らなければならないアミノ酸を「必須アミノ酸」という。

では、どんな食品に「必須アミノ酸」が多く含まれているのだろう?それを点数化したのが「アミノ酸スコア」。100点満点で、100点に近いほど良質な「必須アミノ酸」がバランス良く含まれているということになる。

f:id:hatatinokarada:20160519225057j:plain

100点の食品をたくさん摂取するのが筋肉的にはいいんだけれど、気を付けなければならないのは、たんぱく質以外に「脂質」とか「糖質」とか「コレステロール」とか「プリン体」とか、オッサンの大敵も多く含まれている食品もあるということ。だから「アミノ酸スコア100を含むバランス良い食事」をきっちり食べるのが理想。でも、「アミノ酸スコア」が低くても、低い部分を補う他の食品があれば大丈夫。例えば白米はアミノ酸スコアが65だけれど、豆類(枝豆、豆乳、納豆)と一緒に食べれば、アミノ酸スコアが100にジャンピングUP!

もちろん、プロテインアミノ酸スコア100。今年は「良質なアミノ酸を含むたんぱく質をたくさん摂取する」をテーマに食事して、スイム・バイク・ランのクロストレーニングを行えば、年末には悲願の60kg台に届くかな。 

ザバス アクアホエイプロテイン100 グレープフルーツ風味【40食分】 840g

ザバス アクアホエイプロテイン100 グレープフルーツ風味【40食分】 840g