読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハタチノカラダ

サラリーマンになって10年が経った頃、ストレスと睡眠不足で身体は痩せ細り、毛根が死滅して頭髪は前線から撤退し、持病の腰痛は爆発し、右手は腱鞘炎で箸も持てない惨状・・・。自分の身体はどうなってしまうのか?過去の運動自慢は虚しく響くだけ。このままではアカンと危機感を持ち、今ここにいる自分を鍛えようとジョギングを始めたのが2013年夏。2016年は京都マラソンでサブ4を達成し、珠洲トライアスロン(Bタイプ)を完走しました!そんなアラ4のオッサンが20歳の身体を目指して、面白おかしく頑張るブログです。

thread cafe(スゥレッドカフェ)で美味しい珈琲タイム

とある用事で堀川今出川付近を街ブラしていた時の事。時刻は午前11時半、昼食には早いけれど、喫茶店で珈琲が飲みたい。ゆっくりと書類が広げられる喫茶店がいいなぁと探していたら小川通上立売交差点を東に入ったところに素敵な看板を発見。この手の素敵な看板は、お洒落なカフェか美容院。

f:id:hatatinokarada:20160525215205j:plain

近づいて確認すると、ビンゴ!だいぶお洒落なカフェみたいで、逆に二の足を踏んでしまう。

f:id:hatatinokarada:20160525215448j:plain

お店の読み方が分からない。「thread cafe」、後で調べてみると「スゥレッドカフェ」と読むらしい。鰻の寝床のアプローチを抜けると坪庭があってその先がカフェになっている。坪庭にはオリーブ系の観葉植物のほかに、ちょっとハイカラなお地蔵さんも鎮座。

f:id:hatatinokarada:20160525215733j:plain

店内に入ると、天井が高くて、窓が大きく、壁も白いので明るくて素敵な雰囲気。元は、西陣織の工場だった建物をリノベーションしたらしい。さらにテーブルや椅子も古材をリメイクしたものなので、とても柔らかな感じのお店。窓際の席に座り、珈琲を注文。後ろのカウンターから豆を挽く音が聞こえて、店内にいい香りが広がる。するとテーブルにこんなの発見。

f:id:hatatinokarada:20160525220238j:plain

せっかくなので「とうふのショコラ プチマフィン」も注文。書類の整理をやっつけながら、しばらく待つ。出てきたマフィンは可愛らしく、オッサンのテーブルには不釣り合いで少々恥ずかしい。

f:id:hatatinokarada:20160525220504j:plain

珈琲は苦めで大好きな味。香りも素晴らしい。さらに、マフィンもチョコ味が香ばしくて大人の味。そして、豆乳ホイップが新鮮な味わい。アミノ酸スコア86点の豆乳もホイップしたらこんなのになるのかと感動しながら幸せな時間を過ごす。

時刻が12時を過ぎると、ランチのお客さんが続々と来られたので、オッサンの珈琲タイムは終了。とてもお気に入りのカフェを見つけて大満足。このエリアで珈琲を飲むなら、絶対にthread cafe(スゥレッドカフェ)がおススメ。メニューにはビールもありました。

スゥレッドカフェ | thread cafe

店名の「thread(スゥレッド)」は「糸」っていう意味なんだってさ。糸巻きのデザインに納得。

f:id:hatatinokarada:20160525221101j:plain

京都&滋賀Cafe Style 188―京都、滋賀の188軒、スタイル別のカフェブック

京都&滋賀Cafe Style 188―京都、滋賀の188軒、スタイル別のカフェブック

  • 作者: リーフ・パブリケーションズ
  • 出版社/メーカー: リーフ・パブリケーションズ
  • 発売日: 2013/08/19
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログを見る