読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハタチノカラダ

サラリーマンになって10年が経った頃、ストレスと睡眠不足で身体は痩せ細り、毛根が死滅して頭髪は前線から撤退し、持病の腰痛は爆発し、右手は腱鞘炎で箸も持てない惨状・・・。自分の身体はどうなってしまうのか?過去の運動自慢は虚しく響くだけ。このままではアカンと危機感を持ち、今ここにいる自分を鍛えようとジョギングを始めたのが2013年夏。2016年は京都マラソンでサブ4を達成し、珠洲トライアスロン(Bタイプ)を完走しました!そんなアラ4のオッサンが20歳の身体を目指して、面白おかしく頑張るブログです。

大正池に初チャレンジ

先週の花背峠に続いて、今回は京都府南部のロードバイクのメッカ「大正池」に初チャレンジ。大正池は全長8km、平均勾配4%なので、数値的には花背峠の半分くらい。決して「しんどさ」が半分なわけではない。

同行の皆さんは僕よりはるかに走力が高いので、山城大橋に着く頃に僕はけっこう疲れてしまっている・・・。セブンイレブンで、痙攣対策の豆乳でマグネシウムを補給していざ出発。スタート地点はすぐそこ。

f:id:hatatinokarada:20160529142200j:plain

ロードバイクが5台。スタート地点の電光掲示板の下を「よーいドン!」でスタートして3秒で、圧倒的なスピードの差で僕だけ一人旅が始まる・・・。聞いていた話だと、スタート直後と最後が斜度がきついらしい。こんな上り坂をなんであんなスピードで上れるんだろう?と考えながら、息を切らして必死にこぐ。他のグループのチャリダーさんを何台か抜かしながら、ブルブルと汗を流しながら走る。相変わらず汗が目に入って痛い。メガネが邪魔で拭けない。やっぱり「夏のロードバイク」はコンタクトレンズかな?道の両サイドが杉林に入ると最後の区間。斜度がきついけれど最後の力を振り絞ってペダルを回す。ゴール付近にはたくさんのチャリダーが!!!

f:id:hatatinokarada:20160529143022j:plain

記録、26分24秒。1037人中、528位。真ん中より、ちょっと下。井手のこんな山道を1000人以上もStravaでチャレンジしていることにビックリ。峠の感想は、花背峠より距離が短い分だけ楽だったけれど、緩斜面をいかに速度を出してこげるかというところが求められる感じ。僕のように、基本がインナーローで、そこから数枚しか重いギアが使えないようでは、速い人たちに置いてけぼりだ・・・。

先週の汗冷えの反省があるので、早々に和束方面に下る。ヘアピンカーブごとに茶畑の景色が広がる。

f:id:hatatinokarada:20160529143724j:plain

その後、ノコノコと着いていった先は、府道62号線「裏犬打峠」という激坂。距離1.1km、平均斜度11.1%。息が上がって、心臓が飛び出るかと思った。傾斜がきつ過ぎて「ゆっくり」こぐことさえできないので前に進むしかない。

もう坂道は満腹です。ヘトヘトでお店に帰還。おススメしてもらった「ワンセコンド」でBCAAとクエン酸を補給。グレープフルーツ味で粘度の低いゼリーなので飲みやすい。元気出た。

f:id:hatatinokarada:20160529145457j:plain

ワンセコンドの後ろで、RFA5が「峠仕様」でセッティングされている理由は後日に紹介。