読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハタチノカラダ

サラリーマンになって10年が経った頃、ストレスと睡眠不足で身体は痩せ細り、毛根が死滅して頭髪は前線から撤退し、持病の腰痛は爆発し、右手は腱鞘炎で箸も持てない惨状・・・。自分の身体はどうなってしまうのか?過去の運動自慢は虚しく響くだけ。このままではアカンと危機感を持ち、今ここにいる自分を鍛えようとジョギングを始めたのが2013年夏。2016年は京都マラソンでサブ4を達成し、珠洲トライアスロン(Bタイプ)を完走しました!そんなアラ4のオッサンが20歳の身体を目指して、面白おかしく頑張るブログです。

オッサンが作る爽やか!「レモンレアチーズケーキ」

「オッサンが作る」シリーズも記念すべき第8作目。インターネットで見つけた「食べたいスイーツ」の動画レシピを、これまで料理なんてしたことがないオッサンが週末に再現するシリーズ。今回は、ジメジメとした梅雨にサッパリと爽やかに食べられるレモンレアチーズケーキ。第1作目で大惨事になった「生クリーム」を泡立てる」工程を避けてきましたが、今回はトラウマを克服できるのでしょうか???

材料は、「ボトム」が、クッキー100g、バター50g

「生地」が、☆クリームチーズ200g、☆砂糖70g、☆レモン大さじ1、☆プレーンヨーグルト200g、☆粉ゼラチン5g(水(大さじ2)を加えてレンジで1分間加熱)、生クリーム200ml、レモン1/2個、はちみつ適量

f:id:hatatinokarada:20160613230805j:plain

【mission1】

本家の説明:クッキーとバターをフードプロセッサーにかけて、型に敷き詰める。

→今回の説明文はかなりシンプルです。重要なポイントを見落とさないように動画を繰り返し確認して進めます。バーミックスにクッキーと、レンジ(500W×20秒×2回)でチンしたバターを入れてブイイイインと混ぜます。蓋が付いているので飛び散る心配がなくて安心です。手ごたえがなくなったら容器の外に張り付いたクッキーを中に寄せてブイイインと混ぜる作業を繰り返します。

f:id:hatatinokarada:20160613231007j:plain

18cmのスクエア型は持っていないので、似たようなケーキを焼く型と牛乳パックで代用します。クッキングシートの上から敷き詰めていきます。クッキングシートを綺麗に敷くのが難しいのですが思い切って押し広げます。クッキングシートはメンディングテープで型に張り付けてしまいます。クッキーを敷き詰めるときは、ラップを使うと手がベトベトしません。よそ見をするとベトベトします。できたら冷蔵庫で1時間寝かせます。

f:id:hatatinokarada:20160613231040j:plain

【mission2】

本家の説明:☆の材料を混ぜ合わせる。

→いつもそうなのですが、クリームチーズが全く伸びてくれません。泡立て器の中に入り込んでしまうのでスプーンで少しだけ伸ばします。他の物を入れると伸びてくるので早々に諦めても大丈夫です。レモン汁大さじ1はmission5で残る予定のレモン1/2を絞って作ります。粉ゼラチンも大さじ2の水とチンして投入します。

f:id:hatatinokarada:20160613231110j:plain

【mission3】

本家の説明:生クリームを泡立てたら、mission2の生地をザルでこしながら追加する。

→生クリームをバーミックスで泡立てるという恐怖の工程です。スイーツ作りの中で最も難易度の高い技です。スイッチを入れるのは先っちょが生クリームの中に入ってからです。岩橋病を抑え込んで慎重にスイッチを入れます。生クリームは「8分立て」らしいのですが、僕の女子力では「8分」がわかりません。たぶん「全力立て」になっていますw

f:id:hatatinokarada:20160613231138j:plain

今回は飛び散らなかったので部屋を汚さずに済みました!本当はmission2の成果物をザルでこしながら投入するのですが、洗い物が大変そうなので、この工程はパスして、そのまま投入します。

f:id:hatatinokarada:20160613231915j:plain

【misasion4】

本家の説明:mission1の上に生地を流し込み、冷蔵庫で4時間休めたら完成!

→mission1の型が冷蔵庫に入れてから1時間以経過していることを確認してからmission3の成果物を投入して表面を綺麗にならします。高校サッカー部時代に「とんぼ」でグラウンドをならした経験や、庭の花壇を作る時にモルタルでレンガを積んだ左官屋的な作業をした経験が活きています。綺麗に入ったらとんとんと軽く机に打ち付けてからラップして冷蔵庫に入れます。次に出会うのは4時間後。see you again.

f:id:hatatinokarada:20160613231950j:plain

【mission5】

→動画では最初に紹介されている「はちみつレモン」を作ります。きれいに洗ったレモン1/2をスライスして、適量のはちみつをかけたら冷蔵庫で2時間寝かせます。お手本のように薄くスライスできなくて、分厚い「輪切り」になってしまいました・・・。

f:id:hatatinokarada:20160613232116j:plain

【mission complete】

レモンレアチーズケーキを冷蔵庫から取り出し、クッキングシートを引っ張って「度胸」で型から外します。ちょっとくらい形が崩れても大丈夫。本上まなみも「大丈夫」って言ってくれます。

f:id:hatatinokarada:20160613232216j:plain

特製の「はちみつレモン」を乗せて完成です♪

f:id:hatatinokarada:20160613232235j:plain

製作時間:約120分(冷蔵庫で寝かす4時間を含まない) 製作費:約1200円

レアチーズケーキの味は濃厚ですが、サッパリとしたレモンの風味が爽やかです。梅雨の時期、多くの女子は暑苦しそうですが、カワイイ女子はいつ見ても涼しげです。涼しげな顔でニコニコしながら食べます。ボトムのクッキーが味のアクセントにバッチリで、レモンの爽やかさが引き立つのですが、「ムーンライト」くらい濃厚なクッキーを使うならバターの量は少な目でOKです。お手本はもっとパサパサのクッキーを使ってるぽいです。バーミックスのトラウマに打ち勝ったご褒美に、特製の「はちみつレモン」を桜井日奈子の唇に見立ててチュッと吸います。レモンが分厚過ぎたせいで、めっちゃくちゃ酸っぱいです。次回は「薄くスライス」と「はちみつ3倍がけ」の工夫が必要です。見た目は「ちょいワル」ですが、味は十分に及第点です。 

DELISH KITCHEN 毎日のかんたんお菓子 (扶桑社ムック)

DELISH KITCHEN 毎日のかんたんお菓子 (扶桑社ムック)

 

本家のホームページはこちら

【をしながき】

1 ストロベリーチーズケーキアイス 2 ミニチョコクロ 3 りんご炊飯ケーキ 4 リンゴタルト 5 あまおうタルト 6 ベリークラフティ 7 プリン 8 レモンレアチーズケーキ