読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハタチノカラダ

サラリーマンになって10年が経った頃、ストレスと睡眠不足で身体は痩せ細り、毛根が死滅して頭髪は前線から撤退し、持病の腰痛は爆発し、右手は腱鞘炎で箸も持てない惨状・・・。自分の身体はどうなってしまうのか?過去の運動自慢は虚しく響くだけ。このままではアカンと危機感を持ち、今ここにいる自分を鍛えようとジョギングを始めたのが2013年夏。2016年は京都マラソンでサブ4を達成し、珠洲トライアスロン(Bタイプ)を完走しました!そんなアラ4のオッサンが20歳の身体を目指して、面白おかしく頑張るブログです。

なんて下手なクロールなんだ!

普段のスイムの練習は京都府京都市の公営プールばかりなので、もちろん撮影禁止です。子どもの頃も含めて「自分がどんな泳ぎ方をしているのか?」なんて見たことがありません。そこで、海水浴に行ったときにiphoneで泳いでいる姿を撮影してもらいました。結果は・・・・・・これはクロールと呼んでいいのか???っていうレベルに愕然・・・

明らかに「プル」がオカシイです。まず目についたのがリカバリーの手が空中に出ている部分の軌道です。もっと「斜め」に力を抜いて回すべきです。それから「プル」の最後に力を入れ過ぎているように見えます。前に「プルのコツ」を調べた時に「最後までかき切る!」って覚えたのでそれを意識していたのですが「ビッ!」って水しぶきが上がって、何か変です(泣)お手本にしている動画とは、まったく別の泳ぎ方に見えます・・・

とりあえず「プル」で「最後までかき切る」のをやめて、自分の中では70%くらいの位置でプルをやめる感覚で泳ぎなおしてみます。

プルの最後に「ビッ!」っと水しぶきが上がるのはマシになりましたが、まだまだ変です・・・。お手本と違うのは分かるのですが「どう直したらいいのか?」が素人にはよくわかりません・・・。こんな変な泳ぎ方をしていたらタイムも遅いし、すぐに疲れるはずです。悲しい動画確認になりました。もっとプルの終わりを身体から離すべきなのか?スイミングスクールの先生や泳ぎのうまい方に色々と聞いてみたいと思います。いつか、今回の動画が「ビフォー&アフター」の「ビフォー」として紹介できるように前向きに頑張ります! 

最先端泳法『フラットスイム』でクロールがきれいに速く泳げる! (DVD付)

最先端泳法『フラットスイム』でクロールがきれいに速く泳げる! (DVD付)