読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハタチノカラダ

サラリーマンになって10年が経った頃、ストレスと睡眠不足で身体は痩せ細り、毛根が死滅して頭髪は前線から撤退し、持病の腰痛は爆発し、右手は腱鞘炎で箸も持てない惨状・・・。自分の身体はどうなってしまうのか?過去の運動自慢は虚しく響くだけ。このままではアカンと危機感を持ち、今ここにいる自分を鍛えようとジョギングを始めたのが2013年夏。2016年は京都マラソンでサブ4を達成し、珠洲トライアスロン(Bタイプ)を完走しました!そんなアラ4のオッサンが20歳の身体を目指して、面白おかしく頑張るブログです。

「読書の秋」に読みたい文庫本を買ってきました!

久しぶりにAmazonで「ちゃんと字の書いた本」を買いました。最近はAmazonのお買い物と言えば、もっぱらプロテイン、スポーツ用品、電化製品、雑誌ばかりだったのですがwww 本を買った理由は2つありまして・・・

1つ目は、文章を書いていてボキャブラリー不足を痛感していることです。10代・20代の頃の方が的確な表現ができていたような気がします。あの頃は暇さえあれば本ばかり読んでいました。別に子難しい表現が使いたいわけじゃなくて、自分の気持ちや情景を表す「これだっ!」という表現が思いつかなくなってきていて、仕方なしに「なんかちょっと遠いなぁ」と思いながら書いているのが現状なので、それを改善したいという希望です。

2つ目は、スマホ中毒による眼精疲労です。通勤電車ではスマホで友人知人のブログ、ニュースサイト、ゲームをするので、全く本を読まなくなりました。スマホに支配される人生は嫌なので「脱スマホ半分宣言」をして、スマホをしている時間を半分にして、空いた時間に本を読もうと思います。これで、首コリや肩コリがましになれば一石二鳥です。

f:id:hatatinokarada:20161109063438j:plain

買ったのは、

1 アルジャーノンに花束を:中学校の先生が生徒に読ませたい「キミ本フェア」第1位

2 博士の愛した数式読売文学賞本屋大賞を受賞した作品。ドラマ化もされているらしい

3 恋文の技術:「太陽の塔」以来、大好きな森見登美彦

4 とっぺんぱらりの風太郎:「鴨川ホルモー」以来、大好きな万城目学

どれも、「本の魅力」に引き込んでくれそうな気がして読むのが楽しみです。まずは、何から読もうかしら。ボキャブラリーが増えたら、あの人への想いが届くかもしれません。レビューは後日に。