読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハタチノカラダ

サラリーマンになって10年が経った頃、ストレスと睡眠不足で身体は痩せ細り、毛根が死滅して頭髪は前線から撤退し、持病の腰痛は爆発し、右手は腱鞘炎で箸も持てない惨状・・・。自分の身体はどうなってしまうのか?過去の運動自慢は虚しく響くだけ。このままではアカンと危機感を持ち、今ここにいる自分を鍛えようとジョギングを始めたのが2013年夏。2016年は京都マラソンでサブ4を達成し、珠洲トライアスロン(Bタイプ)を完走しました!そんなアラ4のオッサンが20歳の身体を目指して、面白おかしく頑張るブログです。

HUUB(フーブ)のトライショーツ

トライアスロンの時にウェットスーツの中に何を着るのか?漠然と「水着かなぁ」と考えていたのだけれど、調べてみると「トライスーツ」とか「トライショーツ」というトライアスロン専門の商品名が出てくる。水はけがよく、ウェットスーツを脱げば、そのままバイクとランができるという代物。僕の今年の目標は「とにかく笑顔で完走」なのでトランジット(着替え)で少々時間がかかるのは全く問題ない。水着の上からサイクルパンツをはいてロードバイクに乗り、そのままランニングすればいいと考えていたのだけれど・・・

サイクルパンツはお尻に丈夫なパッドが入っていてバイクには最適なんだけれど、ウェットスーツの下に切ると水を吸って重くなるし、ランではパッドがごわついて肌に擦れて痛いらしい。擦れて痛いのは嫌だ。

そこで、ウェットスーツを買ったお店で勧められたHUUB(フーブ)というイギリスのメーカーのトライショーツを購入。「ショーツ」というと「おばさんのパンツ」みたいなイメージがあるけれど、そんなことはなくてカッコいい。自称170cm、体重56.5kg、京都検定3級の僕が選んだサイズはMサイズ。

f:id:hatatinokarada:20160415064508j:plain

サイクルパンツに比べてパッドは小さいながらも、少し固めで「しっかりと守ってくれる」感じ。裾には「ずり上がり防止」のための滑り止めもついている。お尻のポケットは何を入れようかな。「たっちゃん」なら「みなみちゃん」の写真を入れるように、僕も「まさみ」「はるか」「さとみ」「えりか」「ののか」の写真を入れようかな。あと、痙攣(けいれん)予防のマグオン。 

トライショーツの説明書を見ると、「エッセンシャル」とか「ハイスタンダード」とか景気のいい言葉が並ぶので、これで練習するのが楽しみ。でも、このショーツ1枚で外をウロウロするのは、やっぱり抵抗があるなぁ。警察呼ばれないだろうかと本気で心配。