読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハタチノカラダ

サラリーマンになって10年が経った頃、ストレスと睡眠不足で身体は痩せ細り、毛根が死滅して頭髪は前線から撤退し、持病の腰痛は爆発し、右手は腱鞘炎で箸も持てない惨状・・・。自分の身体はどうなってしまうのか?過去の運動自慢は虚しく響くだけ。このままではアカンと危機感を持ち、今ここにいる自分を鍛えようとジョギングを始めたのが2013年夏。2016年は京都マラソンでサブ4を達成し、珠洲トライアスロン(Bタイプ)を完走しました!そんなアラ4のオッサンが20歳の身体を目指して、面白おかしく頑張るブログです。

ルモンで撃沈・・・最後は土砂降りライドで帰宅

自転車屋さんが企画された「滋賀県のルモン」に行くというロングライドに参加してきました。以前にルモンの山頂の写真を見て素晴らしい景色だったので、一度は行ってみたかった場所です。ルモンの正式名称は「金勝山」と書いて「こんぜやま」と読みます。絶対に読めません!栗東市にあるヒルクライムの名所です。参加したメンバーは自転車屋さんを含めて豪脚の3人と、ロングライド初心者の僕を合わせた4人です。小栗栖の自転車屋さんを8時半に出発して、いつもより「ゆっくり?」のペースで宇治川ラインを走ります。僕以外のメンバーには「脚を温存する」ペースらしいのですが、僕には十分すぎるウォーミングアップになって、南郷のセブンイレブンに着く頃には疲労が溜まり始めています。スタート地点まではまだ距離があるということなので、おにぎり2個と野菜ジュースでしっかりと補給しておきます。そして、快適な裏道を千切れないように必死について行き、10時40分にスタート地点近くのローソンに到着です。

f:id:hatatinokarada:20160815214025j:plain

ザバスの「ミルクプロテイン」という飲み物を発見しました。たんぱく質が10g入っています。ここで、ルートを再確認して、コースの攻略法を教えてもらいます。距離は5.5km、平均斜度は7.8%です。トップ選手は20分前後、初心者の目安は30分、28分ならまぁまか、ハタチの実力的には26分を目指せるのでは?とハッパをかけられます。楽しみにしていたヒルクライムなので頑張ろうという気持ちと、真夏の暑さと既に疲れている脚が「ちょっと無理ちゃう?」と弱気にさせます・・・

f:id:hatatinokarada:20160815214400j:plain

この看板の右手からコースが始まります。いきなり12%の上り坂があって、同行の皆さんはあっという間に見えなくなりました。1kmほど上ると、次は下り坂があります。コース間違いの危険がある1.4km地点の交差点を直角に右に曲がります。自転車屋さんが「先に通ってボトルで水を撒いて目印にしておきます!」って言ってくれていたのですが、僕が通る頃にはすでに渇いていて目印は見つかりませんでしたwww 無事にコースロストすることなく延々とつづら折れの上り坂が続きます。一部は斜度が15%もあるらしく、心臓が踊り、酸素が足りずに手が痺れ、吐き気に襲われます。「もう坂なんて見たくない」「降りて歩きたい」という気持ちと、「皆さんを待たせてるしなぁ」「ここまで来て降りるの?」という気持ちの葛藤が続きます。中盤の4kmから4.5km付近が一番きつかったように思います。途中からは「ヒルクライム」なんてカッコいいものではなくて、道幅を目一杯に使ったジグザグ走法です(泣)この方が、少しでも斜度がましになるからです。おかげで、5.5kmのはずの距離が5.7kmも走行することになりました。そして、何とか足を着くことなく皆さんが待つゴール地点に到着です。記録は27分26秒で295人中148位と、ど真ん中の結果でした。真夏割引をするとタイム的にはまぁまぁかもしれませんが、ジグザグ走法をした時点で敗北です。まさに撃沈しました・・・

f:id:hatatinokarada:20160815215405j:plain

f:id:hatatinokarada:20160815215505j:plain

ゴール地点から鋭角に曲がって少し上ると展望台があります。正面には「近江富士」と呼ばれる三上山が見えます。5年くらい前にドクターイエローの俯瞰写真を撮るために息子と登ったことがあります。そして、左手前には栗東トレセンが見えます。残念ながら霞んでいたので琵琶湖は見えませんでしたが、頑張って上ってきたかいのある景色です!

f:id:hatatinokarada:20160815215850j:plain

しばらく休憩した後、金勝山の反対側に下りて「道の駅 栗東」で補給します。

f:id:hatatinokarada:20160815220016j:plain

サイクルラックがあるのが嬉しいです。アイスを食べてクールダウンします。スタンプ帳がないのでスタンプの写真だけ。

f:id:hatatinokarada:20160815220132j:plain

しっかりと休養したら12時半を過ぎていました。僕は夕方から用事があったので、ここで別れる旨を告げると、皆さんが一緒に戻ってくれると言ってくれました。あまりに申し訳ないので「いやいや、ゆっくり帰りますし・・・」と言っても「大丈夫ですよ」とのことなので甘えることにしたのですが・・・・

道の駅を出てすぐの上り坂で身体の異変に気付きます。もう脚が「売り切れ」で全然力が入りません・・・。息が上がって汗が噴き出すのに全くスピードが上がりません。よく考えてみれば、この時点で走行距離は70km近く。普段の練習で50km前後を乗ってヒーヒー泣いている僕と、100km前後を平気で乗る皆さんでは、実力が全く違うのでした・・・。それでも、僕をサンドイッチする形のトレインで曳いてもらい、無事に宇治まで帰ってきました。ホッとしたのも手伝って中村藤吉の平等院店で休憩したのですが・・・・

美味しかったスイーツは後日に紹介しますが、中村藤吉を出発して黄檗付近を走行中に雷がゴロゴロと鳴り始めました。間もなく、大粒の雨が頬に刺さります。「イタッ!」「イタッ!」っと悲鳴が上がります。そして、気付けば土砂降りになっていました。既に雨宿りなんて手遅れのビッチャンコ状態です。ロードバイクを買って10ヶ月、初めて雨の中を走りました。雨が刺さって顔が痛いのは何とか我慢できますが、ブレーキが利かないのは超怖かったです。もう二度と雨の中は乗りたくないですね。そして、浸水が心配だったiphoneは・・・防水がセールスポイントのケースのおかげで豪雨の中でも無事でした! 

総走行距離は115km。2回目の100km越えになりました。いつかは平気な顔で100kmを走れる脚になりたいです!